Facebook Twitter

MENUCLOSE

“04

INTERVIEW
M.Y

PROFILE

フィールドセールス

M.Y

アカウント本部
FS1グループ
マネージャー

料理人を目指して調理師免許を取得するも一転、人材総合サービス業界で営業を務めた異色の経歴を持つ。2016年にフィールドセールス担当として入社。現在は、フィールドセールスグループのマネージャーとして、新規顧客獲得およびグループのマネジメントを務める。

入社動機

決め手は「この人と一緒に仕事をしたい」と思えたこと

前職で営業職になったときから、単に「モノ」を売るのではなく「人」に関わるサービスの営業がしたいという想いを持っていました。今回転職する際も「人材×ITサービス企業」の軸で探していて、その候補の一つにカオナビがあったんです。
カオナビに入社を決めた理由は、サービスの面白さに魅力を感じたというのもありますが、最終的には面接官として会った副社長である佐藤の人柄に惹かれたのが大きいですね。佐藤と話しているうちに「この人と一緒に仕事をしたい」と思えたことが、決め手になりました。

カオナビに入社して変わったこと

自分で時間をコントロールできるようになった

自分の時間を大事にできるようになった、もっと言えば、自分で時間をコントロールできるようになったことです。
前職では、目標未達の状態ではなかなか帰りづらい、休みづらいプレッシャーがありました。でもカオナビには、勤務時間や休暇に関して“言い出しづらい”雰囲気が一切ないんです。何しろ、経営陣が率先して早く帰っているし、休みもとっていますからね。僕もメンバーに対して、「なんで休まないの?」と言っています(笑)
カオナビに入社して自分の時間がとれるようになったことで、ずっと希望していたビジネススクールに通えるようにもなりました。本当に生き方や働き方が180度変わりましたよ。

働くうえで意識していること

成果を出して早く帰ること

カオナビでは「成果を出して早く帰ること」が求められるので、そこを強く意識しながら働いています。自分自身の生産性をどうやって高めるか、グループ内でどのように仕組み化して効率を上げていくかを常に頭をフル回転させて考えています。
マネージャーとして意識していることは、「メンバーが相談しやすい雰囲気をつくること」と、「何か相談してきたら必ず真剣に向き合うこと」。相談した上司に適当に返されたら、もう相談したくなくなりますよね。僕はマネージャーという役割は「いかにグループの成果を上げるか」がミッションだと思っているので、その2点には気を配っています。

この仕事のやりがい

組織で成果を上げている一体感を味わえる

営業なので、受注できたときが一番うれしい瞬間ですが、カオナビの場合は、同時に組織で成果を上げられたという一体感を味わえることがやりがいですね。
カオナビはマーケティングと営業が同じ部門内にあって、新規顧客獲得までの一連の流れがここ1年でかなり仕組化されて連携がしやすくなりました。マーケティンググループがリードを獲得して、インサイドセールスグループが電話やメールで顧客にアプローチして案件化したものを、僕たちフィールドセールスグループが受注する。営業って、つい自分が売った気になってしまいがちですが、カオナビは組織全体で売っている感覚が強いです。

1日のスケジュール

9:00 出社
メールチェック
書類・資料チェック
9:30 営業部門会議
10:30 メンバーミーティング
11:00 新規顧客へオンラインによるデモンストレーション
12:00 昼食
13:00 新規顧客へ訪問2件(社外)
18:30 訪問終了後、直帰
PAGE TOP