Facebook Twitter

MENUCLOSE

NEWS

ドラック&ドロップで作れる人材データベース『カオナビ』Version1.8をリリース

プレスリリース

株式会社カオナビ(本社・東京都港区、代表取締役社長・柳橋仁機)は、クラウド型人材データベース『カオナビ』Version1.8をリリースしたことを発表いたします。

『カオナビ』は、顔写真から配置・抜擢が加速するクラウド型人材データベースとして、多くの成長企業様でご活用いただいております。スピーディーで直感的な人材マネジメントを実現する4つの機能メニュー(顔写真が並ぶ社員データベース「ProfileBook」、マウス操作で簡単に作れる社員リスト「PickupList」、トランプ感覚の顔写真入り組織図「ShuffleFace」、社員の本音がわかるアンケートツール「VoiceNote」)に加え、今回新たに、ドラック&ドロップで自由に項目の変更ができる「キャンパス機能」を追加しました。
今回のバージョンアップにより、成長企業のスピーディーな経営に、今まで以上に、柔軟に、迅速に対応できる人材データベースとしてご活用頂けるものと存じます。

【今回バージョンアップした機能】

「キャンパス機能」

ドラック&ドロップの簡単なマウス操作で、データ項目/レイアウトの変更をお客様側で自由に設定できるようになりました。
それぞれの企業の人事制度や管理体制に合わせて、項目/レイアウトを自由自在に作成できるので、自社独自のデータベースを簡単に構築できます。また項目の変更も自社で自由に行えますので、成長企業の急な人事制度の変更や組織編制の変更にも、柔軟に、迅速に、追加費用なく、対応できるようになりました。

 

【今回のバージョンアップの背景】

成長企業における人材データベースは、「変化の激しい経営環境」「独自の人事制度」に柔軟に対応できるものでなければなりません。『カオナビ』は多くの成長企業様の導入実績から、今回の「キャンパス機能」をリリースし、今まで以上に成長企業にとって、ユーザビリティの高いシステムを実現しました。

2013年7月29日
株式会社カオナビ
代表取締役 柳橋仁機

製品詳細の資料請求はこちらから>>>

PAGE TOP