Facebook Twitter

MENUCLOSE

BLOG

【社員インタビュー#9】子どもにタックルされて始まる育メンディレクターの1日

こんにちは。採用担当のコスダです。
今回は、「社員インタビュー」第9弾☆

カスタマーエンゲージメント本部 カスタマーサポートグループ
菅原 裕貴(すがわら ゆうき)さん

にインタビューしました!

IMG_4574 (1)_resize

【目次】
1.採用担当から見る菅原さん
2.プロフィール・ご経歴
3.カオナビを選んだ理由
4.1日のスケジュール
5.メンバー紹介
6.やりがいと今後の目標
7.プライベート

1.採用担当から見る菅原さんは、「雰囲気を和らげる気質の持ち主」

お子さんの面倒を見たり、家事をしています!という育メンは増えていると思いますが、実際はたまにしかやっていない…という方結構いるのでは?笑
菅原さんは本当にご家族を大切にされていて、ガチで働くパパですね☆

会社では面倒な役回りもかって出てくれて、男気があって頼りになるお兄さん 兼 面倒見が良くてディレクターをまとめるパパ的存在!
担当顧客の対応で忙しい中、メンバーの作業効率を上げるために、マニュアルや資料の作成もしてくれています。

身長180cmオーバーだけど物腰が柔らかく、人との関係性を築くことがとても上手い!
忙しいとコミュニケーションを取る暇がなくなったり、周りへのあたりが強くなる人もいますが、菅原さんはどんな時も周りに対して気配りができ、いると雰囲気を和らげる気質を持っていて、メンバーにも良い影響を与えてくれています。

ちなみに、周りの社員からの情報だと、シュークリームと歌舞伎揚げが好きで、たまに食べているとのこと。笑

IMG_5589_resize

ここから、菅原さんへのインタビュースタート!

2.プロフィール・ご経歴

神奈川県生まれ、埼玉県育ち。
1回目の転職、結婚、家購入、第1子・第2子誕生、2回目の転職という人生の大きなイベントをこの3年間ほどで経験し、若干生き急いでます。
現在はようやく落ち着いて、年子(一姫二太郎)のパパとして子育て奮闘中!

スポーツ全般好きですが、なかでも小中高とやっていた野球が大好き。
甲子園の期間は常に速報をチェックしています。(ちなみにヤクルトスワローズファン)

学生時代、学業はほどほどに、家電量販店の販売員やちゃんこ鍋屋でのアルバイトなどバイトと飲み会に明け暮れる日々を過ごしていました。
新卒で大手宅配会社に入社し、コールセンターでのクレーム対応等を経験した後、情報システム部門で社内業務システムの企画、運用フロー設計、社内向けのマニュアル作成などを経験しました。
その後、信用調査会社にて転職し、中小企業向けのコンサルティング商品の企画や官公庁の企業調査業務などに従事。

2018年1月、カスタマーエンゲージメント本部 カスタマーサポートグループに入社し、カオナビ導入企業にディレクションサービスを提供しています。

3.カオナビを選んだ理由は、「このサービスは売れる!」「役に立つ!」と感じたから

これまで経験した業界はかなり成熟していた業界で、なかなか変化や成長性が感じられず、変化に富んだ成長性の高い業界に身を投じたいという気持ちがありました。
また、前職では直にお客様と対話することが少なく、もう少し顧客に寄り添い、入り込んで成功に導くような仕事をしたいと思って転職活動をしていました。

そのなかで、成長性の高いHR Tech業界に興味を持ち、カオナビは働き方も柔軟だったことに魅力を感じて受けました。
面接時にサービスを見せていただき、「これは売れる」「顧客の役に立つ!」とサービス自体に魅力を感じたことも入社への思いが強くなったきっかけの一つです。

入社後、スピーディーに意思決定がなされている環境に驚きました。
私は首都圏に大雪が降った日に入社したのですが、午前中には全社員に帰宅指示が出て入社初日にも関わらず午前中で帰宅しました。
前職ではあり得ないことだったので、初日でちょっと会社を好きになりましたね。
個々が時間に対する意識を持っているだけでなく、そのような環境だからこそ定時にちゃんと帰れるのだと思います。

ーーー
(採用担当コスダ)ご家族などが体調不良の際は早く帰れるように周りがサポートしますし、自然災害などの際は素早く帰宅指示を出し、社員の安全を第一に考える企業です。
当たり前のようでまだまだできていない企業も多いですよね。

4.1日のスケジュール

8:00  2人の子どもを保育園に連れていった後、通勤
9:15  出社
AM   メールチェック、マニュアル等顧客向け資料の作成。担当顧客へのサポート業務(操作説明、設定代行、活用方法の提案等)
PM   担当顧客への往訪orオンラインによるミーティング(1日平均2社程度と打合せ)
18:30  帰社

5.担当顧客に対して真摯に向き合うメンバー

現在、ディレクションサービスの提供期間は1年間で、1人あたり約30社の顧客を担当しています。
毎月担当顧客は2~3社程度増えますが、導入1年経過する顧客もいるので、30社前後を推移している状態です。

メンバーはとても仲が良く、和気あいあいとしていて、相談ごともしやすい環境ですね。
1人1人が担当顧客に対して真摯に向き合い、「カオナビ」の機能として対応できない要望についても、限られた機能の範囲で最善の方法を提案しています。
お客様へのサポートと言えども、お客様のやりたいことも抱えている課題も違いますし、担当者の理解度も違います。
それらのお客様に対して一律のやり方をレクチャーするのではなく、状況に応じて説明の仕方や、見せる資料などを変えながらやっています。
お客様が困っていることに対して「代わりに設定等をやってあげる」ことは簡単ですが、最終目的は「お客様自身にカオナビを活用して人事や経営陣が抱える課題を解決してもらうこと」なので、そこに導くための最適な方法は試行錯誤しながら、お客様と向き合っています。

「カオナビ」はまだまだ成長中のサービスのため、常に改善意欲を持って対応していける人、変化が激しい中でも前向きに捉えて楽しんでいける人と一緒に働けれたらいいな、と思います。
サービス改善の提案などは、年齢や立場、社歴に関係なく聞いてくれるので、アグレッシブな人は大歓迎です!

6.お客様にカオナビをフル活用してもらうために

顧客の企業規模や抱えている課題などによって、要望や活用方法が様々なので、その1つ1つに向き合い、解決策を導いていくのは大変ですがやりがいを感じています。
解決策が見つからない場合は、メンバーに相談してお互いの知識を共有しながら対応しています。中には、こちらが想定していなかった使い方などをしているお客様もいて、こちらも日々気づきを与えてもらっています。

今後、導入していただいたお客様に「カオナビ」を有効にフル活用してもらい、いい事例を増やしていくことが目標です。
また、顧客満足度の向上を図り、長期的に「カオナビ」をご利用いただけるようにしていきたいです。
個人的にはチームをまとめる立場になり、ディレクションサービスの効率化&高度化なんかが出来ればいいな、と考えています。

7.育メンの休日

子どもがまだ小さく共働きなので、残業が少なく時間の調整がしやすいカオナビの環境には本当に助かっています。
毎朝5時台に、もうすぐ2歳になる息子に悪質なタックルをされて起こされて、毎日体力的にはしんどいですが、時間の融通が利きやすいカオナビだから仕事も家事も育児もバランス良くこなせています。

最近3歳の娘がディズニーのプリンセスに夢中で、会いたがっているのですが、私も妻も人混みが苦手なので「ディズニーランドはアメリカにしかない」と教えています。笑

ちなみに先日、社内の野球好きだけを集めて飲み会を開催しました。(わざわざ自社カオナビで「野球」をキーワードにメンバーをピックアップ!)
社長や本部長も参加しましたが、野球以外の話題が一切出ず、素人にはついていけない濃すぎる内容の飲み会で、最高に面白かったです。

ーーー
(採用担当コスダ)社員数はこの1年で2倍になりましたが、現場社員と社長や本部長仕事の話は抜きで飲んだりできる環境は大切ですよね!

IMG_7161_resize

2018年9月13日(木)19:25 〜TECH PLAY主催のイベント『カオナビの急成長を支えるプロダクト開発チームの過去〜現在〜未来』に当社テクノロジー統括本部およびプロダクト本部の社員が登壇します!
当社に興味をお持ちいただいた方は、是非ご参加ください!
楽しみにお待ちしています。

PAGE TOP