社員インタビュー

【入社エントリー#1】前職PR会社から一転、働き方改革最前線の会社に!

【入社エントリー#1】前職PR会社から一転、働き方改革最前線の会社に!のアイキャッチ

こんにちは!7月中旬にカオナビに入社しました、広報の松下(マツシタ)です。
(これからちょこちょこ登場するかもしれませんので、どうぞよろしくお願いします!)

簡単に自己紹介から:ド田舎・倶知安町出身の道産子。PR会社では、タスクと使命感に追われた先の達成感がとても好きでした(笑)

私は、北海道の倶知安町(実は地価高騰率全国No.1!の雪国です。ニセコの隣です。)のド田舎出身で、高校で札幌、大学は京都の立命館大学で、就職で上京し、新卒でPR会社に入社しました。

PR会社では、オーディオメーカーからスポーツメーカー、飲料メーカー、ブライダル、チョコレート、百貨店等長期的なPRから、短期的な商品PR、タレント(芸能人)を起用したイベントまで幅広く経験させてもらいました。
タイトスケジュールで常に追われている環境でしたが、スリルと終わった後の達成感にとてもやりがいを感じておりました(笑)

【カオナビに入社した理由】伸びている業界&伸びている会社。働く人がハッピーになれるサービスだから。

カオナビに入社した理由は、伸びている業界であり、「シェアNo.1」という実績ももっていること、そして「カオナビ」自体が、働く人をハッピーにするサービスだったからです。

まず、私のイメージとして、「No.1」を獲得した会社は、常に先陣を切っていく必要があって、積極的に新しいことに挑戦していく会社でなければいけないイメージがありました。IT企業っていうこともあり、スピード感も成長スピードも早い環境だと、自分も早く成長できると思ったのが理由の一つです。

もう一つは「働く人がハッピーになれるサービス」を提供していることです。
これは過去の経験から、ちょっとした環境の変化でモチベーションも仕事のパフォーマンスも変わるのだと実感したことが度々あったためです。
とても仕事熱心で仕事が好きな方であっても、コミュニケーションの取り方一つでパフォーマンスが変わったり、環境に左右される部分が少なからずあると思っています。

カオナビのサービスは「顔と名前の一致」に加え、そこから人への愛着が生まれやすかったり、アンケート機能で周りが助けてあげやすいシステムが整っているので、結果として、「心地よい環境で働けるサービス=働く人をハッピーにするサービス」だなと思いました。
元々事業会社の広報になるのが一つの目標でしたので、やはり、いいサービスを広めていきたいという思いが強く、入社を希望しました。

フラットで優しい職場

カオナビは、面接の時点で、役員の方も社長もとても正直ベースでお話してくださいました。面接の時点でこんなに聞いてよかったのかな・・・と思う内容もあり、信頼していただけたような気がして、本当に人がいい会社なんだな・・・と、思ったのを強く覚えています。

カオナビの職場環境

  • 年次関係なく同じ目線で話を聞いていただける
  • びっくりするほど、残業がない。

⇒入社前、1日平均残業時間「16分」て聞いてました。(半端な時間が余計に、見せ方うまいな~って、思ってました、本音では、、※ごめんなさい)
それが18時半定時なのに、19時にはもう、だいぶ人がいないんです。
19時でこんな殺風景なの?と、とてもカルチャーショックでした。

正直なところ、私は、「お金>残業」なタイプだったのですが、余暇の時間があると、自分や会社自体を客観的にみたり、インプットできる時間もあるので、仕事する上でも意外と大事だったんだなと感じています。

これからの展望:カオナビを広めること!

前職のPR経験を活かしながら、広報として、カオナビをどんどん広めていきたいなと思います! 追加で、社内広報は完全に未経験ですが、今年で社会人4年目なので、しっかりしなければならない反面、まだまだこれからだと思っているので、仕事の幅を広げて色々とチャレンジできたらいいなと思っています。

先日ディズニーに行きました。海外旅行に向けて働きます★

先日ディズニーに行きました。海外旅行に向けて働きます★

 

これからもカオナビをよろしくお願いします★